いざという時の為に

もしものために・・・いざという時に慌てないための心得

1

連絡先の確認(危篤・通夜・葬儀・連絡のためのリスト作成)

  • 菩提寺
  • ご家族、ご親族
  • 友人、知人
  • 会社(仕事場)関係者
  • 宗教者(信仰によって必要な場合)
  • 地域の活動(消防や老人会など)関係者
  • いざという時になかなか代表者や電話番号が出てこないことが多々ございます。
  • 一覧などにしてまとめておく事をお勧めします。
  • また、病院、自宅、お式のどこにお呼びするかを分けておくのもよいでしょう。
2

「遺影」「旅立ちの服」を選んでおくのがよいでしょう。

  • 遺影:故人らしさを感じるお写真が良いでしょう。
  • 旅立ちの服:故人の好きだった服や着物
  • ご家族の皆様や、お写真を見た方が、故人らしいと感じるお写真を数枚ご用意されておくと良いでしょう。
    金華堂では着せ替えや背景などの加工も出来ます。
    又、デジタルカメラで撮ったお写真は加工が出来ない場合がございますので、プリントしたものではなく、データとして保存をお願いします。
  • 「旅立ちの服」は金華堂では仏式の時、湯灌(ゆかん)を頼まれた場合白装束(しろしょうぞく)をお着せしています。宗教的なものもありますので、よく考えてから選びましょう。
3

納棺の際、棺におさめるものを準備しておきましょう。

棺には故人の愛用品や思い出の品、家族、親族からの手紙などを一緒に入れます。棺には金属、ガラス、プラスチックや厚みのあるアルバム、書籍など、燃えにくいものは入れることができません。
メガネ、指輪、時計等は火葬後に骨壷に入れるか、箱などを用意し納骨の際に一緒におさめるようにしてください。

4

お好きだった事や物をまとめておきましょう。

金華堂では、故人が愛好した物や作品を飾ったり、生い立ちや思い出のあるお写真などを飾ったり、音楽を流すことで故人の人となりを遺族や参列者が感じるような「思い出コーナー」をホール入口に設置できます。
故人が生きてきた人生を皆様と少しでも分かち合える場にしてみてはいかがでしょう。

  • 尚、この「思い出コーナー」は強制ではありませんのでご家族のご希望の元、設置いたします。
5

ご葬儀の規模をある程度決めておきましょう。

会社の関係者や、友人・知人をお招きしてお送りするのか、ご家族、ご親族やごく親しい友人のみでお送りするのかなど、おおまかなお式の規模を決めておくのが良いでしょう。

  • 金華堂では葬祭ディレクターがアドバイスや事前に見積もりを出せる「事前相談」をやっていますので、ご利用ください。

金華堂では、以上の事柄などをまとめられる「エンディングノート」をご用意しております。
いざという時、慌てない為に、よろしければご活用ください。

お葬式なんでも相談
少人数・家族葬プラン

24時間対応お気軽にお問い合わせください

金華堂 本館・新館〒416-0909 富士市松岡531-5

0545-61-0252(代)0545-64-6013

岳陽の丘〒417-0061 富士市伝法744-1

0545-32-65650545-72-6666

会館案内

24時間対応お気軽にお問い合わせください
資料請求、お見積もりはお気軽に

「金華堂について詳しく知りたい。」「金華堂で葬儀をしたら予算はどのくらいかかるの。」等のお問い合わせはお気軽にご連絡下さい。係の者がお答えします。

資料請求・お見積もり

資料請求、お見積もりはお気軽に

PAGE TOP