危篤から納棺まで

危篤に際して危篤を知らせる範囲

一般に危篤を知らせる範囲は、家族、三親等までの近親者、親しい友人、知人といわれています。
しかし、これは目安ですから、本人が会いたがっている人、家族がどうしても会わせたい人がいれば、優先させるべきでしょう。危篤を知らせる手段としてはやはり電話が一番早いでしょう。先方と連絡がつかないときだけ電報を打ちます。知らせる時は、用件を手短に確実に伝えること。あいさつなどは簡単に済ませて、すぐに本人の状態が危篤であることを告げます。家族の場合、混乱しがちなので、気持ちを落ち着けてきちんと相手に伝えてください。電報は、「電報サービスセンター」で緊急定文をつかえば便利です。

御遺体の搬送

■ 病院で亡くなった場合
まず病院で御遺体の処置と死に化粧が施され、それから病院内の霊安室に移ります。家族は金華堂に連絡をして、搬送車を手配し、できるだけ早く自宅又は会館へ御遺体を安置できるように手配しましょう。
■ 自宅で亡くなった場合
まずかかりつけの病院に連絡します。病院の先生が自宅に到着後死因、死亡診断書(検案書)を作成してくれます。
■ 突然の死の場合
まず警察に連絡をし、自宅に警察官が到着後検死をして、検察医が死亡診断書を(検案書)を作成してくれます。

御遺体の安置枕飾り

御遺体の枕元に置いておく飾りが「枕飾り」です。三つ具束(香炉・花立・燭台)を経机又はテーブルの上に置き、このほかに、コップ、枕飯、枕だんごを飾ります。金華堂が用意するまでは、自宅の仏壇の品を利用します。また、線香は決して絶やしてはいけないことになっています。御遺体は、顔に白い布をかけ、手を胸の上に合掌させます。ふとんは御遺体があたためられていたまないように、軽くて薄いものをかけます。ふとん、シーツは新しいものか、ない場合には清潔なものを使います。御遺体の胸元に守り刀を置きます。これは悪霊から死者を守るという意味のもので、一般に魔除けと呼んでいます。短刀やかみそり、小刀などの刃物、またははさみなどで代用できます。御遺体の上にのせて、刃先を顔に向けないようにします。
※宗派によって異なります。
※掛布団、顔への白い布、守り刀、・ローソク、線香は金華堂が用意します。

菩提寺に連絡

御遺体の安置が一段落したところで、菩提寺に連絡。日程や段取りについて打ち合わせをして、具体的な日程などを決定します。葬儀の日程を決める際は、遠方の親戚や関係者の到着時間なども考える必要があります。
この時点での打ち合わせに参加するのは、喪主様のほか、御親族の代表が決まっていたらその人など、今後の葬儀の進行に大きな役割を果たしてくれる人たちです。

葬儀日程

葬儀の日程については、多少なりとも余裕をもたせることをお勧めします。葬儀は慌しいものですから、時間的にゆとりのない日程を立ててしまうと、忙しいばかりで、心のこもった式はできません。
気をつけなければならないことは、僧侶や神官の都合によって思いどおりに行かなかったり、火葬場や式場の予約が取れない場合があるということです。火葬場は友引の日は休みになっています。

葬儀費用

葬儀の費用は、葬儀社によってさまざまなので、まずはこちらの予算と希望を告げて見積りを出してもらいましょう。こうしておくと金銭的トラブルを未然に防げます。どの項目にどんなものが含まれるのかをよく見て検討し、納得した上で決めます。わからないことは、納得のいくまでたずねてみましょう。
金華堂では当日中に見積書を作成しております。

布施

布施の金額は、菩提寺に直接聞かれた方が良いでしょう。

死亡の連絡

死亡の連絡

死亡連絡は危篤のときと同じように、御親戚や御友人へなるべく早く知らせます。深夜や早朝だったら、「こんな時間に申し訳ございません」とひとこと添えることも忘れずに。勤務先や団体などへは、葬儀の日程などが決まってから連絡します。窓口になる担当者に連絡し、後のことはおまかせすればよいでしょう。町内や団地などから、世話役が選出されることになっているなら、なるべく早めに連絡しておきます。

埋火葬許可証

火葬や埋葬には許可証が必要です。許可証は死亡届受理後、死体火葬許可証交付申請書を提出することにより市区町村が交付してくれます。死体埋火葬許可証は火葬の終了時に、火葬場事務所の裏判が押され、これより埋葬許可書になります。
埋火葬許可証の再交付には、かなり複雑な手続があり、紛失したのが荼毘の直前であっても、その日の火葬は不可能となります。絶対に紛失、忘失のないようにしてください。
※手続きは金華堂が代行いたします。

湯灌(ゆかん)及び納棺

湯灌とは納棺の前に死者の身体を清めることをいいます。現在では専門の納棺師がいて、清め、旅仕度、死に化粧、納棺までのすべてを行ってくれます。

少人数・家族葬プラン

24時間対応お気軽にお問い合わせください

金華堂 本館・新館〒416-0909 富士市松岡531-5

0545-61-0252(代)0545-64-6013

岳陽の丘〒417-0061 富士市伝法744-1

0545-32-65650545-72-6666

会館案内

24時間対応お気軽にお問い合わせください
資料請求、お見積もりはお気軽に

「金華堂について詳しく知りたい。」「金華堂で葬儀をしたら予算はどのくらいかかるの。」等のお問い合わせはお気軽にご連絡下さい。係の者がお答えします。

資料請求・お見積もり

資料請求、お見積もりはお気軽に

PAGE TOP